[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?

太陽光発電で可能となる発電量というのは、地域や屋根が向いている方角、そして方位、隣地や周辺の建物の影響などで大きく変わってきます。
そのようなこともあり、明快な発電量に関する情報を調べるために、結構手間がかかってしまうものです。

 

もし4kw程度の太陽光発電システムを自宅に導入した時の年間予測発電量は、およそ4500kwh〜5400kwh程度です。
これを通常の電気料金として計算をしてみますと、年間で約17万円〜20万円前後となるのです。
太陽光発電のことについて地域で開催されるメーカーや電力会社主催の太陽光発電セミナーに参加をしましょう。
あなたが住んでいる自治体の太陽光発電の過去データを知って検討材料にすることが出来ます。 続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。

中野 賃貸は当サイトへ
http://www.gulliver-nakano.jp/nakano/



[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?ブログ:17-2-21

ぐっどいぶにんぐー

減量をするためには筋肉をつける…
これはある意味鉄則といえます。

ぼくたちの肉体の中で、
筋肉が最も消費するエネルギーの量が多い箇所だからです。

しかし、筋肉をつけることに誤解をしている人がいるんですよね。

運動をしていたら、
体重が落ちていないという誤解です。

運動をすると脂肪が落ち、
筋肉がつきます。
そもそも筋肉は、脂肪と比べると重さがあります。

ですから、筋肉がつくことによって、
体重自体が変化しないというケースが生まれてきます。

でも、筋肉は確実に増え、脂肪は少なくなりますから、
結果的には体脂肪は減少しているのです。

ですから、しばらく続けていくと、
引き締まったいい肉体を作り出すことができるはずです。

また、運動不足の人がいきなり運動をすると
筋肉痛を引き起こすことがあります。
筋肉痛になると、肉体がだるくなるような感じがしませんか?

筋肉痛になると、肉体に大量の疲労物質が分泌されます。
疲労物質には、
水分の代謝を悪化させるという性質があることがわかっています。

このため、水分が排出されることなく、筋肉にたまっていきます。
一種のむくみのような症状が起きるのです。

水分が筋肉にたまると、どうしても全体的に重みが増します。
この重みが肉体のなんともいえないだるさを感じる元になるのです。

しかし運動する習慣をつけることによって、
疲労物質の分泌が少なくなり、
筋肉痛を起こすこともなくなっていきます。

ですから、筋肉痛で挫折をせずに、
もうひとふんばりすることが、
減量成功につながるんですよね。

嗚呼,いい気分